整形外科で多い大腿骨頸部骨折と在宅生活

整形外科診療の内、高齢者や骨粗鬆症により転倒で骨折し易い部位があります。

上腕骨近位骨折・橈骨遠位骨折・脊椎圧迫骨折・大腿骨頸部骨折が特に多いです。

その中でも大腿骨頸部骨折について説明します。

転倒した際に、側方を地面にぶつけると大腿骨の大転子と呼ばれる外側に突起した部位が強打されます。



それにより大腿骨頸部骨折となるケースが多いです。
大転子は股関節を知る上で重要な部位で、自分で股関節を触ると突起している部位が分かります。

そこが大転子と呼ばれる部位です。


その上には中殿筋・大腿筋膜張筋と呼ばれる筋肉がついており、歩行・立位保持に重要な役割があります。

Ameba News情報サイトを使用する機会が増えています。

大腿骨頸部骨折の整形外科治療としては保存療法という自然に治す治療もあれば、ピンで固定する術式・人工骨頭と呼ばれる金属を股関節に埋め込む術式もあります。

いずれも手術の際には中殿筋や大腿筋膜張筋を切開して行う事が多い為、歩行・立位保持が困難になり歩行障害を呈するケースが多いです。
その為、整形外科からリハビリが処方される事も多く、歩行障害や立位に向けた筋力増強運動・関節可動域訓練が積極的に行われています。

渋谷の整形外科情報もきっとあるはずです。

整形外科の治療から在宅生活に復帰するには早期にリハビリを行う事で、筋力も早くつき関節が固まってしまうことを防ぎます。

整形外科治療からリハビリ・在宅生活への一連の流れを円滑につないでいく事が重要であり、今後も高齢化社会を迎える上で重要な視点となっています。